頭皮の日焼けケア忘れてない?身体の隅々までしっかり紫外線対策!

頭皮の日焼けは厄介!でも対策も難しい…

 

 

 

はじめまして。

 

都心に住むに住む大学生のミホと申します。

 

突然ですが、私の悲しいエピソードを聞いてください。

 

 

 

それは昨年夏、同じ大学の友達グループで海へ遊びに行った時のこと。

 

キャンプやBBQ、花火などをして思いっきり楽しんだまでは良かったんです。

 

翌日家に帰ってシャワーを浴びようとすると、

 

「痛っ!」

 

頭がヒリヒリ痛むのに気付きました。

 

 

 

そう、私は頭の日焼け対策を全くしていなかったのです。

 

他の部位はしっかり日焼け止めを塗りたくっていましたが、頭だけはすっかり忘れていました。

 

結局、その日は頭皮に悪いと思ってシャンプーは諦めることに。

 

 

 

頭のヒリヒリ自体はその翌日には治りましたが、日焼けの代償はそれで終わりではありませんでした。

 

その後、フケのようなものが頭からボロボロと出てくるようになってしまったんです。

 

 

 

…シャンプーをしなかったからじゃないですよ?

 

実は頭皮も他の部分と一緒で、日焼けすると皮が剥けることがあるんです。

 

しかも頭皮の場合は、これがフケのようになってしまうので、余計に恥ずかしいことになるんですよ。

 

フケは10日くらい出続け、その間私は周りにフケを見つからないようにと、

 

めちゃめちゃ気を遣うことになってしまいました。

 

 

 

このように頭皮の日焼けケアを忘れてしまうと結構痛い目を見ることになります。

 

でも、良く考えると、頭皮の日焼け対策って案外難しいですよね?

 

 

 

私はこれをきっかけに、頭皮を日焼けしないためにはどうしたら良いのかを調べてみることにしたんです。

 

当サイトでは、そんな私が調べた内容をまとめてみました。

 

最後には頭皮だけでなく、全身の日焼け対策になる超便利なアイテムも紹介しているので、

 

是非参考にしてください。

 

 

 

頭皮が日焼けするとどうなる?

 

私のエピソードでも少し触れましたが、まずは頭皮が日焼けすると

 

どんなことが起こるのかについてまとめてみたいと思います。

 

実は私が体験したことはまだマシで、もっと恐ろしいことになることにもなるんですよ…。

 

 

頭の皮がめくれる

 

 

 

これは上でも書いた通り、私が体験したことですね。

 

頭皮の皮がめくれることで、フケのように頭皮の皮が落ちてきたり、

 

人によっては皮が塊になって取れることもあるようです。

 

どちらにしても嫌ですよね…。

 

頭皮が日焼けしていることに気づかないと、急にフケが出て焦ることもありそうです。

 

 

 

長くても1カ月程度で収まるようですが、気になって掻き毟ったりすると頭皮がダメージを受けて

 

余計に悪化することがあるので、くれぐれもこの間は頭を掻いたりしないようにしてください。

 

もちろん、シャンプーも優しく、ですよ。

 

 

頭皮が赤くなりヒリヒリする

 

 

 

身体の他の部位もそうですが、日焼けすると赤くなって染みるようになることがあります。

 

これは紫外線による軽いやけど状態です。

 

 

 

こうなってしまった場合は、やけどと同じように頭を冷やすのが良いようです。

 

冷やしたタオルを頭にかけるなどしてまずは痛みを抑えてください。

 

しっかり冷やした後は、頭を化粧水・乳液で保湿します。

 

普段はあまり頭に塗る人いないと思いますが、特に塗っても問題ないようです。

 

もし、冷やしても痛みが激しい場合は病院の皮膚科へ行ってください。

 

 

髪が傷む・色が抜ける

 

 

 

  • 髪がパサついたり、ツヤがない。
  • 枝毛や切れ毛が増えた。
  • 髪の色が染めてないのに多色っぽくなった。

 

こういう髪の悩みを持っている方は多いと思いますが、これらは紫外線によるダメージで

 

起こるというのをご存知でしょうか?

 

実は髪トラブルのほとんどに紫外線が関係していたんですね…。

 

(ストレスや生活習慣など他の原因もありますが…)

 

もし頭皮の日焼けに自覚がなくても、このような髪トラブルを抱えている場合は、

 

紫外線の影響で髪が傷んだ可能性もあります。

 

いつもしっかり髪のケアをしている人は同じように、しっかり紫外線対策もしないと

 

意味がないということを覚えておきましょう。

 

 

髪が抜ける

 

 

 

こちらも髪トラブルの1つですが、一番深刻なので、別枠扱いにしてみました。

 

紫外線を浴びると体内に活性酸素というものが作られるのですが、

 

これが老化を促進させる元凶です。

 

肌に紫外線を浴びると、シミ・シワ・黒ずみができるのも、上に出てきた髪へのダメージも

 

この活性酸素のせい。

 

そして、頭皮に紫外線を浴びると、頭皮が老化し抜け毛の原因になってしまうんです。

 

 

 

更に抜け毛が増えるとその分頭皮が紫外線のダメージを受けやすくなってしまうため、

 

ますます抜け毛が増えるという悪循環にもなります。

 

 

 

 

 

いかがですか?

 

皮膚だけでなく、頭皮や髪にも紫外線はとても怖い存在だということが分かったと思います。

 

次の項では頭皮の日焼け対策をご紹介しますので、

 

こんなことにならないように是非実践してみてくださいね。

 

頭皮の日焼けを予防するには?

 

頭皮が受ける紫外線量は顔の3倍以上もあると言われています。

 

ですから、実は見えている皮膚以上に日焼け対策は重要なんですが、

 

頭皮はどうしたら守れるのか困る人も多いですよね。

 

そこでここでは頭皮の日焼け対策を3つご紹介します。

 

 

帽子・日傘による対策

 


頭の紫外線対策と言えば、これを真っ先に思い浮かべる人が多いでしょう。

 

帽子や日傘は使える環境であれば、必ず使っていきたいアイテムです。

 

ただ、素材や色によって効果が変わってくるものですので、日焼け対策に効果的な

 

帽子&日傘の選び方をご紹介します。

 

 

帽子や日傘の色

 

「光を吸収するのは黒、光を反射するのは白」と言われています。

 

ですが、黒は熱を集めやすく、真夏などで気温が高い日は熱中症の危険も…。

 

こういう時期に使うのであれば、帽子も日傘も、外側が白系の明るいもの、

 

内側が黒系の暗いものがベストです。

 

 

 

特に注意したいのは日傘の内側の色です。

 

白いものだと、太陽からアスファルトに反射した紫外線を傘の内側で反射し、

 

頭皮や顔に集めてしまうので下手すれば逆効果になってしまいます。

 

日傘の内側は必ず暗めの色のものを選びましょう。

 

 

素材や形は?

 

まず帽子の素材は紫外線を吸収するポリエステルがおすすめ。

 

ただ、ポリエステルは汗を吸収しないため、頭が蒸れるのが難点…。

 

そこで、汗を吸収する綿とポリエステルの組み合わさった帽子がベストだと思います。

 

形は顔や首筋までカバーできるつば広ハットがいいですね。

 

 

 

日傘は紫外線を吸収するポリエステル、麻製のものがおすすめです。

 

熱がこもりやすいという欠点はあるものの、紫外線対策を優先するのであれば生地は厚めを選びましょう。

 

もしこれらの素材を使っていても生地が薄いものでは効果が少ないです。

 

 

 

紫外線を吸収してくれる素材を使っていればそれだけで、紫外線カット効果はありますが、

 

更にUVカット加工がしてあれば効果はより高くなります。

 

絶対紫外線を寄せつけたくない人はUVカット加工のものを選びましょう。

 

ちなみにUVカット加工は2,3年で効果が切れるので、その前に新しいものを買うか、

 

衣類用UVカットスプレーを使ってくださいね。

 

 

頭皮にも日焼け止めを塗る

 

 

 

頭皮にも日焼け止めは使えます。

 

ただ、クリームタイプやパウダータイプなんかは頭皮に塗りにくいため、頭皮に塗る前提であれば

 

スプレータイプの日焼け止めがおすすめです。

 

 

 

また、頭皮や髪専用の日焼け止めもあったりします。

 

これもスプレータイプのものですが、日焼け止め効果だけでなく、スタイリング剤と一緒になったものや、

 

ヘアトリートメントと一緒になったものなど、他の効果と一体になったものも多いですね。

 

 

 

日焼け止めは帽子や日傘が使えない時に便利ですが、敏感肌な人は肌荒れの原因となることも。

 

頭皮が肌荒れすると厄介なので、使う前に別の部位に少量塗ってパッチテストをしておいた方がいいでしょう。

 

また、他の部位同様、2〜3時間に1回は塗り直しが必要になります。

 

 

飲む日焼け止めを使う

 

 

 

知ってますか?飲む日焼け止め

 

これは飲むだけで、頭皮だけでなく全身の日焼け止め効果があるというサプリメントのことで、

 

最近、女性誌で紹介されたり、芸能人の方が紹介したりして話題になっています。

 

まだ最近出てきたものなのですが、結構売れているみたいですね。

 

 

 

このサプリメントには、ニュートロックスサンという成分が使われているんですが、

 

これを飲むと紫外線に対する身体の抵抗力がアップするそうなんです。

 

ある実験によると3カ月飲み続けることで紫外線を60%もカットするという結果が出ています。

 

しかもこのニュートロックスサンはシトラスとローズマリーという自然のものから抽出されたもなので、

 

人体に副作用はありません。

 

 

 

1日1回水で飲むだけなので、頭皮の日焼け止め対策としては、一番楽な方法ですね!

 

(というか、全身の日焼け対策が楽になります!)

 

おすすめの日焼け止めサプリメントは?

 

 

 

上でも書いた通り、今話題で大人気の日焼け止めサプリ。

 

色んな会社が波に乗ろうと続々と商品を販売していますが、

 

同じニュートロックスサンを使ったサプリでも結構値段や配合量にバラツキがあります。

 

実際に本当に効果があるのか怪しいものもあったりしますが、そんな中、

 

私がオススメしたいのはインナーパラソル16200という商品です。

 



 

 

その理由は3つあります。

 

ニュートロックスサンの配合量が多い

 

ニュートロックスサンは1日の摂取量目安が250mgとされています。

 

上でちらっと書いた、「実験で紫外線60%カット効果があった」というのも

 

250mgを3カ月飲み続けた結果の数字です。

 

しかし、他の日焼け止めサプリでは1日の摂取量でニュートロックスサン250mg

 

に届いていない商品も多く、中には僅かしか配合されていないので配合量を

 

書かないという商品もあるみたいです。

 

こういうサプリは買うだけ無駄ですよね。

 

 

 

その点、インナーパラソル16200はしっかり1日2粒で250mgのニュートロックスサンを

 

摂取することができ、実験と同じ効果が期待できます。

 

 

品質管理がしっかりしている

 

「インナーパラソル16200」の製造は公式サイトでも強調されているように、

 

かなり品質管理を徹底しているようです。

 

サプリを飲む人にとって安全性は一番心配な点でもありますから、

 

厳しい審査をクリアして、安心して買ってもらおうってことでしょうね。

 

インナーパラソル16200を生産している工場は国が定める

 

製品の安全性・一定の品質基準をクリアしています。

 

その上、モンドセレクションで金賞も獲得しており、国内的にも国際的にも

 

安全水準はクリアしていると見て良いでしょう。

 

 

値段が比較的安い

 

日焼け止めサプリは全体的に価格が高め、というデメリットがあります。

 

インナーパラソル16200も定価7,000円(1か月分)と決して安くはないですが、

 

定期購入で買えば初回990円、2回目以降5,600円と結構お得に購入することができます。

 

ニュートロックスサンが半分の配合でもっと高いサプリがある中で、これはかなり安い価格です。

 

 

 

値段も他と比べてお手頃で、効果が出るニュートロックスサンの配合量がある、というのが、

 

私の中では大きな決め手となりました。

 

 

 

 

 

 

私は最初に書いた頭皮の日焼け体験があったことや、元々日焼けクリームを塗るなどの対策を

 

面倒に思っていたこともあって、昨年日焼け止めサプリを存在を知ってから、すぐに飲み始めました。

 

以前は別のサプリを飲んでいましたが、今では「インナーパラソル16200」1択です!

 

 

 

今年も結構暑い日が多くなってきましたが、今はサプリを飲む以外の対策をしなくても

 

日焼けしにくくなった気がします。

 

もちろん、100%紫外線をカットする訳ではないので、他の日焼け対策も一緒に

 

やった方がいいんですが、むしろこのサプリは

 

  • 年中通して日焼け対策をしない人
  • 夏でも短時間の外出ならついつい日焼け対策をサボっちゃう人
  • 身体の隅々まで日焼け対策が行き届かない人
  • 忙しくて日焼け対策が面倒な人

 

このような日焼け対策をきっちりできてない人にこそ有効なサプリだと思うんです。

 

頭皮の日焼け対策を忘れてしまうようなおっちょこちょいさん、

 

日焼け対策を一年中できない面倒臭がりさんは是非試してみてください。

 

 

 

飲み続ける必要はありますが、1年中日焼け止めを塗ったり落としたりするよりも、

 

厚着で汗ダラダラになるよりもずっと楽に日焼け対策ができると思います。